松山市営住宅管理センター
 HOME<<申し込み方法について



松山市営住宅管理センター連絡先



申し込み方法について

団地の地区グループ6つのうち、1グループを選択し、そのグループ内で2団地もしくは3団地まで申込むことが出来ます(単身で申込まれる方は、2団地までとなります)。
ただし、複数団地を希望される場合、希望団地に優先順位をつけることは出来ません。希望団地のうち最も早く入居可能となった部屋を案内しますが、その部屋の入居を辞退した場合は、他の団地の申込みも含め、すべての申込みが無効となります。複数の団地を申込まれる方は、十分ご留意下さい。

  【3団地まで選べる世帯】
  下記のア〜オのいずれかに該当する世帯は、3団地まで申込むことが出来ます。ただし、単身で申込
  まれる方は、下記世帯に該当されても2団地までしか選べませんのでご注意下さい。

母子世帯 配偶者のない女性と、その扶養すべき20歳未満の子供で構成される世帯
障がい者世帯
@
A
B
1〜4級までの身体障がい者を含む世帯
1〜2級の精神障がい者を含む世帯
療育手帳Aの知的障がい者を含む世帯
老人世帯 入居申込者が60歳以上の者で、かつ他の同居者のいずれもが60歳以上もしくは18歳未満の者で構成される世帯
多子世帯 同居者に18歳未満の子供が3人以上いる世帯
DV被害者世帯
@

A

B
婦人相談所による一時保護を受けているかもしくは保護が終了して5年未満の者を含む世帯
配偶者からの暴力を理由に、婦人保護施設等へ入所しているかもしくは退所してから5年未満の者を含む世帯
裁判所が命じた保護命令が効力を生じた日から5年未満の者を含む世帯

世帯員2名以上で申し込む場合
「松山市営住宅一覧」に記載の7グループ(東部〜北部B)のうち、1グループを選択し、そのグループ内で希望団地を2団地まで申込むことが出来ます。
【3団地まで選べる世帯】のア〜オのいずれかに該当する世帯は3団地まで申込むことが出来ます。

A 単身で申し込む場合
「単身者申込可能一般住宅」(2DK)に記載の5グループのうち、1グループを選択し、そのグループ内で希望団地を2団地まで申込むことが出来ます。
※西部・南部、北部@グループを希望される場合は、各1団地までしか申込めません。

B 車イス専用住宅を申し込む場合
「車イス専用住宅」に記載の5グループのうち、1グループを選択し、そのグループ内で希望団地を2団地まで申込むことが出来ます。
【3団地まで選べる世帯】のア〜オのいずれかに該当する世帯は3団地まで申込むことが出来ます。
※同じグループ内であれば車イス専用住宅と一般住宅を併せて2団地もしくは3団地まで申込むことは
 出来ます。(ただし、同じ団地の車イス専用住宅と一般住宅を併せて申込むことは出来ません。)
※車イス専用住宅の申込資格は、「入居申込資格及び条件」をご確認下さい。

C 高齢者世話付住宅を申し込む場合
「高齢者世話付住宅」に記載の東部グループ・与力団地のみの申込みとなります。
【3団地まで選べる世帯】のア〜オのいずれかに該当する世帯は3団地まで申込むことが出来ます。
※同じ東部グループ内であれば高齢者世話付住宅と一般住宅を併せて2団地もしくは3団地まで申込む
 ことが出来ます。(ただし、与力団地の高齢者世話付住宅と一般住宅を併せて申込むことは出来ませ
 ん。)
※単身の方は、与力団地・高齢者世話付住宅と合わせて、同じ東部グループの松末南団地の単身用(2
 DK)住宅を申込むことが出来ます。
※高齢者世話付住宅の申込資格は、「入居申込資格及び条件」をご確認下さい。

D 母子専用住宅を申し込む場合
母子世帯(配偶者のない女性とその扶養すべき20歳未満の子供からなる世帯)の方は、「母子専用住宅」に」記載の南部グループ・小栗団地を申込むことが出来ます。
※同じ南部グループ内であれば母子専用住宅と一般住宅を併せて3団地まで申込むことが出来ます。
※母子専用住宅入居後、母子世帯の条件を有しなくなった場合は退去して頂くことになります。


Copyright(C)松山市営住宅管理センター All Rights Reserved.