松山市営住宅管理センター
 HOME<<入居収入基準



松山市営住宅管理センター連絡先



入居収入基準

一般階層
月額所得 15万8千円以下
158,000≧(入居者・同居者の年間総所得額)-(入居者・同居者の年間控除金額)÷12
裁量階層
月額所得 21万4千円以下
214,000≧(入居者・同居者の年間総所得額)-(入居者・同居者の年間控除金額)÷12

裁量階層とは
次の1〜7のいずれかに該当する世帯です。裁量階層は一般階層と比較して、入居収入基準が高く設定されており、入居要件が緩和されています。
障がい者世帯
1〜4級までの身体障がい者を含む世帯
1〜2級の精神障がい者を含む世帯
療育手帳Aの知的障がい者を含む世帯
戦傷病者世帯
戦傷病手帳の交付を受け、障害の程度が恩給法別表第1号表ノ2の特別項症から第6項症まで、または同法別表第1号表ノ3の第1款症の者を含む世帯
原子爆弾被爆者世帯
原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律第11号第1項により厚生労働大臣の認定を受けた者を含む世帯
海外引揚者世帯
海外からの引揚者で本邦に引き揚げた日から起算して5年を経過していない者を含む世帯
高齢者世帯
入居申込者が昭和31年4月1日以前の生まれであり、かつ同居者のいずれも昭和31年4月1日以前の生まれもしくは18歳未満の者で構成される世帯
ハンセン病療養所
入所者世帯
ハンセン病療養所入所者等に対する補償金の支給等に関する法律第2条に規定するハンセン病療養所入所者等を含む世帯
子育て世帯
同居者に小学校就業前の子供がいる世帯

※入居後3年を経過して以降、上記の裁量階層の条件を満たさなくなり、かつ月額所得が一般階層の収入基準を超える場合は、収入超過者となり、割増家賃を請求することになりますので、あらかじめご了承下さい。

  【給与所得】
給与等の収入金額の合計額
給与所得の金額
650,999円以下
0円
651,000円〜1,618,999円
給与等の収入金額の合計額から650,000円を控除した金額
1,619,000円〜1,919,999円
969,000円
1,620,000円〜1,621,999円
970,000円
1,622,000円〜1,623,999円
972,000円
1,624,000円〜1,627,999円
974,000円
1,628,000円〜1,799,999円
給与等の収入金額の合計額を「4」で割って千円未満の端数を切り捨てて下さい(A) 「A×4×60%」で求めた金額
1,800,000円〜3,599,999円
「A×4×70%−180,000円」で求めた金額
3,600,000円〜6,599,999円
「A×4×80%−540,000円」で求めた金額
6,600,000円〜9,999,999円
「収入金額×90%−1,200,000円」で求めた金額
10,000,000円以上
「収入金額×95%−1,700,000円」で求めた金額

  【年金所得】
受給者の年齢
公的年金等の収入金額の合計(A)
雑所得金額(1円未満の端数切捨て)
65歳未満(昭和
23年1月2日以
降に生まれた人)
  130万円未満   (A)−70万円
  130万円以上410万円未満   (A)×75%−37万5千円
  410万円以上770万円未満   (A)×85%−78万5千円
  770万円以上   (A)×95%−155万5千円
65歳以上(昭和
23年1月1日以
前に生まれた人)
  330万円未満   (A)−120万円
  330万円以上410万円未満   (A)×75%−37万5千円
  410万円以上770万円未満   (A)×85%−78万5千円
  770万円以上   (A)×95%−155万5千円

  【入居者・同居者の控除金額】
控除内容
範           囲
控除額(1人につき)
同居親族 申込者以外の同居者   38万円
扶養親族 同居していないが、所得税法上の扶養親族
老人扶養親族 所得税法上の扶養親族・控除対象配偶者のうち70歳以上のもの   10万円
特定扶養親族 所得税法上の扶養親族で16歳以上23歳未満の者   25万円
特別障がい者 @身体障がい者(1〜2級)
A精神障がい者(1級)
B療育手帳Aの交付を受けている者
  40万円
一般障がい者 @身体障がい者(3〜6級)
A精神障がい者(2〜3級)
B療育手帳Bの交付を受けてる者
  27万円
7
寡婦・寡夫控除 @夫又は妻と死別または離婚してから婚姻しておらず、扶養親族又は生計を一にする子がある者
A夫又は妻と死別してから婚姻しておらず、所得金額が500万円以下であるもの
  27万円
(その者の所得金額が27 万円未満である場合は、その所得金額)

※入居収入基準は、公営住宅法の改正により改定されることがあります。改定された場合、次年度の家賃設定の際、所得が増加していなくても収入分位が変化し、申込時の家賃より高くなる場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

Copyright(C)松山市営住宅管理センター All Rights Reserved.